(編集中)ブログを始める際「自分の名前を出す?出さない?」の考察メモ

ブログを始める時、名前を出すか出さないで迷う場合もあるかと思うが、メリット・デメリットを挙げてみる。

名前をだす 名前を出さない

名前といっても 姓名 名前のみ あだ名  などなど考えられる。

これはネットに限らず、実際の店を出すときの場合と似た問題かも。

パナソニックは、昔は、松下電器産業 と名前を入れていた。が、今は入っていない。

「お値段以上ニトリ」は 似鳥 という人の名前らしいし。

ソニーは「東京通信工業(株)」だったし。今調べていたが、井深大と盛田昭夫の二人で創業したみたいなので、たしかに会社名に名前をつけるのは「ちょっと違う」となるかも。

でも 今ではおなじみHPは 「ヒューレット・パッカード」で、「ウィリアム・ヒューレット」と「デビッド・パッカード」によって創業されたというパターンもある。

情報の「信頼性」「検索性」とでもいうものに関連する?

信頼性 – これ、信頼できるのかな? —

ブログを見ていて、この記事信用して良いのかな?と思ったときは「誰が書いているのか?」「どんな人が書いているのか?」が気になると思う。

本を買うときも似てるかなと思う。

検索性 – あとでまた探し出したい —

名前が気になる場合

例えば、本を買うときは、

これ誰が書いてるんだろ?

と思ってから名前を見る場合もよくある。かも。 いい意味でも悪い意味でも

表紙やタイトル、副題などを見て、内容を確認してみて「わかりやすいかも」「面白いかも」「ためになるかも」とおもったら「誰が書いているのか」、「どんな組織が書いているのか」、「どの出版社から出ているのか」が名前が気になるなと思いました。

実用書的な本なら、どういった経歴の人が書いているのか? 記載内容の信頼性は? みたいなことがきになります。

誰が書いている本なのか調べても書いてなかったら、買う確率は下がるかもしれませんが、内容が良ければ買うかもしれません。

「名前」が気になるのは検索性の問題かな?

YouTubedでmanablog という人の動画を「指名検索」という話がチラッとでていましたが、もしかしたらそれかもしれません。

名前が気にならないブログとは?記事とは?

過去の経験を振り返ってみると、「まとめ記事」とか「芸能人の噂の記事」などは、誰が書いているかあまり気にしていませんでした。トレンドブログとかいうものでしょうか? 

一応、信頼できるかどうかは別としての情報収集の際は、あまり名前を気にしていないとおもます。

最初から内容の真偽が不確かであろうこと、不確かでも問題ない、不確かなことを前提で情報収集している際は、名前をあまり気にしない。

人の気配が見えない場合は、相当なブログの完成度が要求されるのではと思いました。

親しみやすさ

親しみやすさを売りにするなら名前。ある人の話を聞くと、名前を出すことで親しみやすさでるみたい。

たしかにというところはある。

SWELLの使い方を調べていて、見つけたサイトが、完成度がまだ低く、誰がしているのか、名前もなかったので、「詐欺サイトかな?」と思ってしまった。

名前がないからといって、詐欺サイトだと判断するのはまだ早い気もする。 youtubeである動画をみていたら、詐欺師みたいな人の中には、「あえて名前や顔を堂々と表に出す」人もいるとのことで、「まあ、そうかもしれない」と感じた。

ブログ名をどうするか

これまでしていたブログは、ほんとにメモ帳みたいな感じでしたが(このブログもそうなるかもしれませんが)、ブログ名をどうするか迷いました。

ドメイン名をどうするか

You Tubeだと?

Youtubeもお試しでしていますが、そちらは名前をだしていませんが、ブログはどうしようかと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ここで投稿は終わりです