Rinker?カエレバ?ではなく、SWELLで Pochipp(ポチップ)を利用してみました。

今回の記事は、Twitterで少し前から話題になっていた  Pochipp(ポチップ) の話です。

前々から、Twitter で ポチップの存在を見ていて気になっていたのですが、最近も

ポチップを利用して売上あがったわよ!

というようなツイートを見かけたので、

これは自分も早く試してみよう!

と思い今回試してみました。

ポチップについて簡単に説明したあと、実際にこのブログで設定した流れを記載したいと思います。

これから導入しようとしている方の参考になればと思います。

目次

Pochipp(ポチップ)とは? 使うとどうなるの?

まず、「ポチップを利用したらどうなるのか」を示すためにポ「チップを利用しない場合」と「ポチップを利用した場合」の違いを簡単に示したいと思います。(わかってる方は、飛ばしてください)

Pochipp を利用したらどうなるの?

Pochipp(ポチップ)を利用しない場合

一般的にアマゾンや楽天でアフィリエイトで何か商品を紹介しようとすると次のようなリンクを設置することになると思います。

Pochipp(ポチップ)を利用せずに Amazonでアフィリエイトリンクを貼った場合

【テキスト】
明治 ストロベリーチョコレートアイスバー47ml×6本入×8箱

【画像】

【テキストと画像】

Pochipp(ポチップ)を利用せずに 楽天のアフィリエイトリンクを貼った場合

【画像とテキスト】


※「画像のみ」「テキストのみ」のリンクはAmazonと同様のスタイルになると思います。

Pochipp(ポチップ)を利用せずに 楽天 と Amazon を 並べて表示させた場合

「楽天とアマゾンを比較して安い方で買いたい」という閲覧者も多い と思いますが、そういった閲覧者を意識してアマゾンと楽天のアフィリエイトリンクを並べると、、、

以下のように「見た目がイマイチ」になってしまいます。

まあ、使えなくはないけど、、、
やっぱりイマイチかなぁ

改善できるものなら見た目をキレイにしたいかなぁ

Pochipp(ポチップ)でアフィリエイトリンクを貼る例

ポチップを利用すると、以下のように、スッキリとした感じに使えるようです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

商品の写真はどの購入先でも同じなので一つにして、ボタンの色とテキストで購入先がわかりやすく区別されて、選びやすくなっていて、スッキリします。

ランキング形式で商品紹介しているサイトでよく見かけるけど、ついつい押したくなるんだよなぁ

そういったサイトを作る時に、「楽天」「アマゾン」のアフィリエイトリンクを個別に貼っていたら、かなり見にくくなりそうだね。
手間も掛かりそう。

Rinkerカエレバ というツールとの違い

ポチップ以外にも、Rinkerカエレバ というツールがあることは、漠然と知っていましたが、使ってみたことはありませんでした。

それらと Pochipp は何が違うのかと思っていたところ、次のように説明がありました。

同様のツールは他にもたくさん存在しますが、ブロックエディターに最適化されているのが「Pochipp」の最大の特徴です。

https://pochipp.com/

なるほどブロックエディターに最適化 が特徴みたいじゃの。

ブロックエディターに最適化といえば、このブログでも使っているWordPRessテーマ「SWELL」もブロックエディタに最適化が特徴だよね。

SWELLのページ「SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて | WordPressテーマ SWEL」でも 「Pochipp」 が紹介されていますが、

開発者はひろ氏で、僕はブロック周りの開発を手伝っています。

https://swell-theme.com/basic-setting/4688/

とあります。

なるほど、SWELLを開発してる人もPochippの開発を手伝ってるのか。

なるほどね。
一応、Rinkerやカエレバも使ったこと無いから試してみようかな?

Pochipp(ポチップ)を利用までの流れ

今回、ポチップをこのブログにインストールして設置してみたので、そのときの経験をもとにポチップ利用までの大まかな流れを以下に示してみます。

利用前の状況

  • WordPressで SWELL を利用している。
  • Amazonアソシエイトに登録できている。
  • 楽天アフィリエイトを利用している。
  • もしもアフィリエイトを登録できている。
STEP
Pochippをダウンロードしてインストール
STEP
Pochippの設定

ASPの設定 (全部設定する必要はなさそう。自分の利用しているものを設定する)

  • amazon
  • 楽天
  • yahoo
  • もしもアフィリエイト

ポチップの基本設定

特に触る必要はなさそう、好みや必要に応じて設定する。

STEP
Pochippで商品を検索してアフィリエイトリンク設置

Amazonで検索結果が出ない場合は、Pochipp-Assist のインストール

流れとしては、以上のような流れで設定できました。

私が試したときは、STEP2とSTEP3をAmazonで試しながら設定していきました。

その様子は以下のリンク先(note)で有料で公開したいと思います。(見なくてもポチップの公式サイトを見たりすればできると思います。)


動画では、ASP設定(STEP2)をして、試しに商品検索できているか確認(STEP3)しながら設定していくという形になっています。

もしもアフィリエイトとは?

もしもアフィリエイトは結構便利みたいです。私も登録しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ここで投稿は終わりです
目次
閉じる